テーマ別研修(ターミナルケア研修)

キャリアアップ研修

テーマ 「その人らしい最期を生きぬくためのターミナルケア」
講師 愛知医科大学看護学部 准教授
佐々木裕子 氏
日時 2013年 8月5日(月)10時00分~16時30分
場所 名古屋市高齢者就業支援センター大会議室 【別添会場案内図のとおり】
名古屋市昭和区御器所通3-12-1 御器所ステーションビル5F
最寄駅:地下鉄鶴舞線・桜通線「御器所」駅下車2番出口より徒歩1分
:市バス「御器所通」停留所下車徒歩5分
対象者 市内訪問系、通所・入所系事業所の介護関係業務従事者
内容
【本研修に関する問合せ先】
名古屋市社会福祉協議会在宅福祉部 矢部
TEL:745-6660
ホームページの研修専用ページ
(http://care-net.biz/23/zaitakunet/)


--------------------------------------------------------------------------------


1.ねらい・テーマ:
看取る側として、緩和ケア(ターミナルケア)の実践を通して死について考え、ターミナルケアを行う際の介護職員、看護職員の役割を理解し、どのように向かい合えば良いのかを学びます。また、高齢者の終末期の介護を行う上で医療職との連携の在り方についても検討し、どのような支援ができるのか分からず生じる現場での不安を解消する、より良い手立てについて学びます。
※ 昨年度と同様の内容が含まれています。

2.プログラム及び講師
第1部10:00~12:00 【120分】「生きること死ぬことを考える」
第2部13:00~16:30 【210分】グループワーク~ターミナルケアに必要な支援を考える~等
講義:「その人らしい最期を生きぬくためのターミナルケア」
講師:愛知医科大学看護学部 准教授 佐々木裕子 氏

3.開催日時及び会場:
【日 時】平成25年8月5日(月) 午前10時~午後4時30分
【会 場】名古屋市高齢者就業支援センター大会議室 【別添会場案内図のとおり】
名古屋市昭和区御器所通3-12-1 御器所ステーションビル5F
最寄駅:地下鉄鶴舞線・桜通線「御器所」駅下車2番出口より徒歩1分
:市バス「御器所通」停留所下車徒歩5分

4.定員及び対象者:
【定 員】100名
本研修は、お申込みは1 事業所1 名とさせていただきます。
申込みが定員を超過した場合には抽選になります。
【対象者】市内訪問系、通所・入所系事業所の介護関係業務従事者

5.申込方法:
研修参加申込は裏面の参加申込書に必要事項を記入のうえ、6月10日(月)までにFAX(052-731-9730)でお申込みください。(参加申込書は下記ホームページからもダウンロードできます。)

6.受講決定:
「受講決定のお知らせ」を6月15日(土)までに、受講が決定した申込者のみにFAX で通知いたします。(落選者へは通知等の連絡はいたしませんのでご了承ください。)

7.その他:
〇本研修は、平成25年11月15日(金)名古屋市総合社会福祉会館
平成26年1月20日(月)名古屋国際会議場でも同一内容で開催します。
〇研修会場への自動車での来場はご遠慮ください。
 

NEXT:他の例会・部会・研修情報を見る

2月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

初めての方はまずこちらより
ご登録ください。

名古屋市介護サービス事業者自己評価入力フォーム