(情報提供)「要配慮者利用施設防災講習会」開催のご案内

お知らせ

開催日時 2018年10月25日(木)
内容
いつもお世話になっております。
標題の件について情報提供いただきましたので、会員の皆様にお知らせいたします。

平成28 年4月の熊本地震では、要配慮者の避難先となる施設も被災し、要配慮者の受入が十分にできなかったことなど様々な課題が浮き彫りになりました。愛知県においても南海トラフ地震を始め、集中豪雨といった大規模な災害の発生が危惧されており、要配慮者利用施設※職員の防災に対する意識の向上や要配慮者利用施設のBCP(事業継続計画)策定の推進を図ることが必要です。今回の講習会では、熊本地震で被災した要配慮者利用施設長の体験談をお聞きいただくとともに、災害を具体的にイメージできるシミュレーションゲームを体験していただきます。是非、御参加ください。

◇日時
第1回 平成30 年11 月26 日(月)
第2回 平成30 年11 月27 日(火)
第3回 平成30 年12 月10 日(月)
第4回 平成30 年12 月11 日(火)
時間:午後1時から午後5時まで

◇場所:名古屋大学減災館1階 減災ホール(名古屋市千種区不老町)

◇定員:各回:70名(事前申込制・先着順)

◇対象者:県内の要配慮者利用施設職員、介護・障害者相談支援専門員、
社会福祉協議会職員、行政職員等

◇参加料:無料

◇内 容
◎第1回・第3回(入門編)
〇講義:「あの時何が起きたのか?~要配慮者利用施設の苦悩と
これから考えるべき課題と役割~」(仮)
講師:社会福祉法人恵寿会 老人総合福祉施設
グリーンヒルみふね 施設長 吉本洋氏
〇演習:災害想定ゲーム「KIZUKI」
講師:特定非営利活動法人高齢者住まいる研究会
理事長 寺西貞昭氏 ほか
◎第2回・第4回(応用編)
〇講義:「熊本地震被災体験~福祉施設はどのように災害対策を進めて
いくのか?災害対応力をどう高めるのか?~」(仮)
講師:社会福祉法人恵寿会 老人総合福祉施設
グリーンヒルみふね 施設長 吉本 洋 氏
〇演習:「避難所運営ゲームHUG - 社会福祉施設バージョン - 」
講師:避難所運営ゲームHUG開発者・HUGのわ
主宰 倉野康彦氏 ほか


◇申込方法
以下のWeb上の参加申し込みフォームより入力画面に進んで
お申し込みいただくか、参加申込書にご記入の上、FAXで
お申し込みください。なお、参加決定通知は行いません。
定員を超過した場合は、御参加いただけない方へ御連絡します。
【講習会参加申込Web ページ】 https://www.kyoso-seminar.com

詳細は添付のチラシをご覧ください。

<お問合せ>
あいち・なごや強靱化共創センター
電話:052-747-6979 Eメール: kyoso@gensai.nagoya-u.ac.jp

よろしくお願いいたします。
 

お知らせ

  • お知らせ
11月
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

初めての方はまずこちらより
ご登録ください。

名古屋市介護サービス事業者自己評価入力フォーム